シンプルな四角なガラスの筒のようなガラスのアトリウムは単に上から自然光が降り注ぐだけでなく、連続するガラスの階段や橋によっての縦の連結空間になっている。本社ビルのコンセプトは開けた明確な視覚的なコミュニケーションの場を創ることだった。外壁は折り紙を形どった模倣不可能な複雑な幾何学的とした。外装は伝統的な芸術、折り紙で形どった様な複雑な幾何学的なカーテンウォールの透明なガラスの高層ビルの本社をデザインした。

コンテンポラリーの住居のコミュニティー、内部と外部空間のバランスを考慮し、最も癒される空間を創ることに心掛けた。人の肌の色に一番近い色の建築材、トラバティンとメープル材を選んだ。温かみのある柔らかな色のインテリアで、空間を包み、生活する新しいの文化とコミュニティーとの交流できる空間を創ることに努めた。

伝統的な住宅建築とコンテンポラリーの建築のデザインのボキャブラリーを混ぜ合わせて、建築文化の調和を試みた。この裏庭に面した建築はランドスケープも含めて、完全にコンテンポラリーと伝統的建築がミックスした。正面の建築は伝統的な建築を市から要望され、保守的な近隣の建築やランドスケープとに調合した。内装建築も裏庭のランドスケープも完全にミックスされたデザインとなった。

伝統的な芸術、折り紙で形どった様な複雑な幾何学的なカーテンウォールの透明なガラスの高層ビルの本社をデザインした。外壁は折り紙を形どった様な複雑な幾何学的なものとなったが、高層ビルの内部の吹き抜け空間には簡潔な幾何学的な連続する透明なガラスの構造体の階段や橋がオープンのサーキュレーションとした。

外壁は折り紙を形どった様な複雑な幾何学的なものとなったが、それがまったく同じように内部からも各フロアーごとに異なったその抽象的なグラフィックアートの透明のカーテンウォールを見ることが出来る。高層ビルの内部の吹き抜け空間には簡潔な幾何学的な連続する透明なガラスの構造体の階段や橋がオープンのサーキュレーションとしたものも立体のグラフィックとして見られる。

© 2018 by Kunio Inoue & Associates

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • White Pinterest Icon
  • White Instagram Icon